忍者ブログ
孤独の鎖関連のブログ。 主に燈月遊の生存確認用。
[322]  [321]  [320]  [319]  [318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

お早うございます、若しくはボンジュール皆さん←

高杉さと美はやっぱり良いですねぇ、最近は百恋歌と遠く~…と、創世のアクエリオンしか聞いていません(あれ

あ、でもALI PROJECTは家で昨日聞きました。





そんなこんなで最近ニュースでよく耳にする自殺サイト云々の問題。

いやー…、うん。真面目に世も末なんじゃ無いんですかね?

私はまぁ結構長時間パソコンや携帯を弄ってますが、そんなサイト一度も目にした事がありません。ですが、ニュースで報道されている内容によるとこれはあくまで氷山の一角にしか過ぎず、何だか恐ろしい数あるようですねこういった類のサイトは。

他人の命すらも自らの私利私欲の為なら平気で堕とせるなんて、人間としての感覚とか道徳観念とかとち狂ってるんじゃないでしょーか。


例え自殺願望があったとしても実際踏み切りきれない人間は数多居て、だからそういう人は手段を得なければただ普通な顔をして生きて行くんですよ。

自殺する人も勿論ですが、手段を与えられなければ自らの命の生殺与奪権すら行使する事が出来ない人は、尚更死ぬべきでは無いんです。

意志も決意も弱いままにただ流されるままに保険として手段を得た人間は、少しの弾みや事象で事を起こす。

人間なんですから、誰しも心が弱くなる瞬間はあります。その時は、本当の本当に冗談でも何でも無く、死んだ方が楽だとか幸せだとか思う。

だけど、動物…ヒトは生きる事に貪欲だから、その時に本当に命を絶てる人はそう多くない。

だからこそ、普段からぼんやりと自殺を考えた事のある人が、心が弱いときにこういうものを見ると、[もしも]を考えて[いつでも死のうと思えば死ねる]保険を用意してしまう。

だって心が弱くなるのは辛いし痛いし、もう二度とこんな思いはしたくないから。…一番怖いのは後先を全く考えない人間だ。



勿論死んでから後悔の余地など与えられる筈も無いし、多分(私は天国だの何だのの類は信じていないので)そこで全ての流れは絶たれるんじゃないでしょうか。


何か良く分からんけど多分これはきっと世も末ですって、ねぇ?


とりあえず人間として馬鹿にはなりたくないですねぇ、例え学校の成績が有り得なくて進級が危うくても←ぁ



終焉になど手を伸ばさないで、鬱蒼と茂る深い深い森の奥にこそ真実の幸福の種は転がって居る。

手を伸ばすなら幸福の種に向かって、ただ届かないでも伸ばす行為に価値がある。


人は公平に幸福になんてなれない、神が居ない世界に公平を望む事すらお門違い。


それでも掴めるものが何も無い人間が居る等と、私は諦めたくは、無い。








私は本気でとてもとても生きていて楽しいんですよぅ…どうにかしてこの馬鹿さと幸福を他人にあげられないんでしょうかねぇ…


まぁそんな生きていて楽しいと思える人間の戯言ですから、実際はどうなのかは知る由も無いし、そうして意見は人それぞれなんでしょうから答えなど見つかる筈もありませんが、無い頭絞って色々考えてみたりしました。
PR
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
燈月遊
年齢:
25
性別:
女性
誕生日:
1991/07/01
職業:
中学生
趣味:
夢小説執筆、落書き
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
カウンター
フリーエリア
忍者ブログ * [PR]